学園南クリニック

整形外科
リウマチ科
外科・形成外科
骨粗しょう症検診・外来
アンチエイジング医療

当院は奈良市の骨粗しょう症検診の指定医療機関です。
今年の骨粗鬆症検診は7月1日から2月28日です。
10月20日(金)、10月29日(日)は休診させていただきます。

TEL:0742-51-9111

奈良市学園大和町2丁目27

近鉄学園前駅南口
奈良交通バス21・26系統
『学園大和町』バス停下車すぐ

診療のご案内 検診診療

当クリニックは「奈良市の骨粗しょう症検診登録医療機関」です。 骨粗しょう症検診

骨粗しょう症は閉経後の女性に多く、ステロイド剤を服用しておられる方、関節リウマチで治療中の方などにも生じます。治療せずに放っておくと、骨脆弱性骨折(軽いけがで骨折する)や椎体の圧迫骨折(背中が曲がってきます)をきたし、ひどくなると介護が必要になる可能性があります。
骨密度検査(保険適用)を受けることでご自分の骨の状態を知ることができます。50歳以上の女性では年に1回は検査をお受けになることをお勧めします。

検査方法 当クリニックでは腰椎と大腿骨の骨密度を測定します。施設によっては橈骨(手首の骨)の骨密度を測定(これまでの奈良市の骨粗しょう症検診も橈骨)しますが、「骨粗しょう症の予防と治療ガイドライン2011年度版」では、最も信頼性の高い測定法と部位は「DXA法で腰椎と大腿骨近位部の両者を測定することが望ましい」とされています。実際に橈骨で測定した骨密度が正常値でも、腰椎・大腿骨近位部では骨量減少あるいは骨粗しょう症に分類される方が高率に認められています。
※詳しくはクリニックにお問い合わせ下さい。

以下の方々は公費負担による骨粗しょう症検診が受けられます。

※奈良市の骨粗しょう症検診
奈良市の骨粗しょう症検診は、これまで「奈良市総合医療検査センター」のみでの実施でしたが平成27年度からは基準を満たした医療機関での受診が可能になりました。当クリニックでも奈良市の骨粗しょう症検診を受けていただけます。

対象者 平成29年度中(4月~3月末)に40・45・50・55・60・65・70歳の女性奈良市民で、奈良市に住民登録のある方。
※奈良市より対象者に、負担金が明記された受診ハガキが送付された方。
実施期間 平成29年7月1日(土)~平成30年2月28日(水)まで
検診項目 問診、DXA法による腰椎・大腿骨近位部の骨量測定
費用 1,200円(生活保護は無料、非課税世帯は事前に申請した場合は無 料)
お電話にてご予約の上、受診時には郵送された受診票と健康保険証をご持参ください。
(検診の結果、骨粗しょう症と診断されたり、精密検査が必要と判断された方は健康保険で検査や治療が受けられます。

アンチエイジングドッグ

同志社大学アンチエイジングリサーチセンター米井嘉一教授が開発されたシステムを利用して体の各臓器の老化度をチェックします。老化度問診票と各種測定器を用いた老化度チェックメニューを準備しております。標準コースと、血液検査を加えた特別コースがあります。

標準コース 老化度問診票、体組成計、動脈硬化測定装置、骨密度測定装置による「筋年齢」「血管年齢」「神経年齢」「ホルモン年齢」「骨年齢」のチェック。 8,000円(+税)
特別コース 標準コースに、血液検査を加えたコースです。 12,000円(+税)

※事前のご予約が必要です。検査結果は、後日ご来院頂き、ご説明致します。

1年に1回!定期的に健康診断を。

一般健康診断

A 特別コース(詳細な健康診断)・・・20,000円(税別)

1 問診・診察
2 身体測定
3 血圧測定
4 尿検査
5 胸部X線検査
6 血液検査
7 心電図
8 体組成検査
9 動脈硬化検査
10 骨密度検査

B 標準コース(雇用時健康診断)・・・10,000円(税別)

1 問診・診察
2 身体測定
3 血圧測定
4 尿検査
5 胸部X線検査
6 血液検査
7 心電図

C 簡易コース(定期健康診断)・・・5,000円(税別)

1 問診・診察
2 身体測定
3 血圧測定
4 尿検査
5 胸部X線検査